カット パーマ カラー ハナヘナ 髪の傷み ヘアケア 等 静岡市 葵区 鷹匠の美容室 髪の毛の事をいろいろ考え 日々楽しく美容師をしています。

金スマ 「医者が教える食事術」第2弾! ダイエットが楽になるかも?

2018/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年6月22日放送。

中居正広の金曜日のスマイルたちへ

大ヒット「医者が教える食事術」

正しい食事術とは、食べ順、食べ合わせ、栄養など、いま常識とされる食や料理に関する知識を、医学的に正しく見直した食事方法。

血糖値の急上昇さえなければ、人は太らない!

血糖値が急上昇すると、今度は急降下。

すると、エネルギー消費では間に合わないので、主に脂肪を変えて血糖値を下げます。

これは・・・今まで何回となく太っては痩せてを繰り返してきたヤマザキにも(右肩上がりで太ってますが何か?

参考になるかな・・・

1位 スタミナのためのニンニクだけで効果なし

滋養強壮、疲労回復に効くと言われてきたニンニク。

しかし、ニンニクのアリシンだけでは効果なし。

アリシンはビタミンB1といっしょに摂って、初めて効果があります。

豚肉と一緒に食べれば効果的です。

ニンニク、おいしいですよね~

大好きですが食べすぎ注意ですね 

2位 カレーを1日寝かせるのは要注意

1日寝かせたカレーは美味しいですが、ウェルシュ菌に気をつけて。

ウェルシュ菌という細菌は、どこにでもいる菌。

空気が嫌いで普段は繁殖できませんが、加熱されると芽胞ができることがあります。

芽は100度で4時間加熱しても死滅しません。

鍋から空気が抜けると、なべ底は無酸素状態。

さらに温度が45度まで下がると、ウェルシュ菌が増えてしまいます。

・早めに冷蔵・冷凍保存すること。

・よく混ぜて空気を入れること。

・菌は土にもいるので、野菜をよく洗うこと。

以上3点を守りましょう。

2日目が美味! カレーは絶対寝かせたほうが美味い!(と思う・・・)

3位 濃い色の卵が栄養価が高い?

卵の黄身の色の濃い方が、値段も高め。でも栄養価が高いとは限りません。

卵の色は、鶏の食べるエサによって変わります。

とうもろこしは黄色、パプリカはオレンジ、米は白。

殻の色が赤いとか、黄身を箸でつまめるとかも、栄養とは無関係。

成分表を参考にして買いましょう。

見た目色が濃いほうが美味しそうなんですけど・・・

 こ、これは 

4位 太らないようツナ缶の油を捨てる

ツナ缶の油は栄養の宝庫。

EPA・DHAという、動脈硬化・心疾患・脳梗塞を抑える成分を含みます。

EPA・DHAは水溶性なので、油に豊富に含まれます。

人はカロリー・油・脂肪では太らないので、油を捨てるのはモッタイナイ!

鯖缶も栄養満点みたいですね

5位 頭を働かせるため甘いものを食べる

甘いものを食べると、集中力が下がり作業能力が低下します。

一度にたくさんの糖質を摂ると、低血糖(血糖値が基準より低い状態)になります。

血糖値が急上昇するので、血糖値を下げ過ぎてしまうためです。

甘いものを食べる時は、量を減らしたり、ゆっくり食べたり。

カカオ70%なら、4粒まで大丈夫。

小5の息子がチョコレート好きだなぁ  よし宿題の前に食べるのは阻止しよう




6位 体重を気にして一食抜く

食べ過ぎたと思ったら、次を抜いて調節することありますか?

エネルギーをとると血糖値が上がります。

すると、インスリンというホルモンが、ブドウ糖をエネルギーとして使ったり、脂肪としてためたりして血糖値を下げます。

一食抜くと、次の食事でインスリンを大量分泌され、脂肪として多く蓄えてしまいます。

特に抜いてはいけないのは、朝食。

肥満を防ぐためには、3食しっかりとりましょう。

諸説ありますが、朝食が大事だということは変わらないですね。

7位 牛乳さえ飲めば骨が強くなる

牛乳を飲むだけではダメ。

カルシウムだけをとっても、体に吸収されません。

女性はホルモンの関係で、骨粗しょう症になりやすいもの。女性は特に注意が必要。

カルシウムは、ビタミンDといっしょに摂ると吸収率が上がります。

魚(さんま・いわし)、しらす干し。鮭の水煮缶がオススメ。

カルシウムをとるのは牛乳だけじゃないとは思いますが、

ビタミンDも一緒に取らないとダメなんですね。

健康長寿の秘訣は肉食!

96歳の瀬戸内寂聴さんも、95歳の内海桂子さんもお肉を食べていました。

長寿者に肉好きが多いとか。

脂肪は脳卒中、心筋梗塞の確立を上げると言われていましたが、実は真逆。

脂肪をとるほど、死亡率が下がるという研究もあります。

お肉大好き!

不調の原因の9割は「血糖値」である

牧田先生の専門は糖尿病です。

本の内容は、血糖値を安定させる食事術です。

血糖値は70~140が理想。

その範囲に収めれば、太らず健康に長生きできるというのです。

現代人は縄文人のDNAを引き継いでいるので、縄文時代にあった食べ物がいい。

もともとなかったものは、食べない方がいいと言われています。

なるほど、というと?

体に悪いもの

具体的に何がダメかというと、アレもダメ、コレもダメ。

特に缶コーヒーや清涼飲料水なんかは、メーカー・品名を出して名指しでダメ出ししています。

メーカーの人が見たら、びっくりなんじゃないかしら?

勿論、糖質の量にウソなないわけで、正しいことを言っているのでしょうが。

ハムやソーセージなどの加工肉や、果物のジュース、牛乳なんかもとらない方がいいと言われています。

特に菓子パンは「命を削る食べ物」で、ポテトチップは「悪魔の食べ物」と言い切ります。

うーん。厳しいなあ。

うんうん、厳しい厳しい

菓子パンやお菓子類はともかくとして、ソーセージやハムはたべたいなぁ

体にいいもの

体にはこれがイイ!というものをいくつか挙げると、オリーブオイル、ナッツ、ワイン、チョコレートなど。

特にオリーブオイルは、体にいいと1番にオススメされています。

ナッツはいいけれど、添加物や塩分に気をつけて。

ワインは辛口の白ワインで。甘口は糖が多いので×。

チョコレートは、カカオ70%以上の物を。

何でもいいわけでなくて、ちゃんと選んで食べろって話です。

なるほど~ 食べる順番や運動についても本では触れられているようです。

水も2ℓ以上飲んだほうがいいそうですね。

全部これに即して生活を変えるというのは無理かもですが、

太らないように気を付ける食事法にしたいと思いました。

 

 

 

こちらのサイトから引用させていただきました。

金スマ「医者が教える食事術」第2弾!ニンニクだけ牛乳だけでは効果なし

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© salón de belleza ヤマザキのブログ , 2018 All Rights Reserved.